2019年02月21日

ネタの見極め

おはようございます

成長のためには負荷を掛け続けないとアカンと思っていまして
なんやかんややろうとするものの、楽な方に逃げてしまい、
それで落ち込みなんてことを繰り返しています。

本当の意味での情報は必要なのは論を俟ちません。最近は発信が
簡単にできるので目にすることのできる情報は増えるばかり。
どれが玉なのか石なのかを見極めないと洪水に流されるような
ものでしょう。よくよく考えると行動をするためや成果を出すための
本当の意味での情報といえるものはごく僅かしかないはず。

不要なものを必要と思うだけならまだしも間違ったデータを取り込んで
しまえばかなりの確率で成果は出ないもの。一所懸命やればやるほど
逆の方向に向かってしまいます。無駄な努力なんてかわいいものでは
ありません。

ただ実際にはどれ石なのか玉なのかは見ただけでは分からないのも事実で
色々な経験をしてみるとか、引き出しを増やすとか内的な成長が鍵に
なるのでしょう。しかしそうなると時間が足りなくなってくるもの。
常にそんなジレンマを抱えているのがこの私・・・

よく考えてみると石を石だとわかるために時間を費やしている
ような気もします・・・

だから時間に追われているのかと・・・

どこかで思い切って手をつけない領域を持つことを決断するのが
一番確実だとは分かっているのですが・・・
posted by オリカ産業社長 at 06:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

展示会等々

おはようございます

昨日はメーカーさんの単独展示会と私が会長をしている会合の
総会に行ってまいりました。予定調和とはいえ年間事業の決算予算が
承認されるとほっとします。

大手メーカーは2〜3月になんらかの形で展示会を予定していて、
合同の大きな展示会の場合もあれば今回のように単独での展示会も
あります。昔は大阪パックや東京パックのように包装展に出たものから
食や流通の展示会に変わり、そして規模の大小はさておき、単独に
移行という感じでしょうか。

この展示会は毎回書いているように自分に課題意識がないのであれば
行くだけ時間は無駄になります。さらに悪いことには行くだけで仕事を
したような感覚なってしまうもの。このアウトプットも無いのに仕事を
した感覚は本当に怖く、展示会だけでなく普段の訪問でも行くだけで
仕事をしたような感覚にすり替わる恐れが高いように思っています。

展示会に行っているのに、得意先に訪問しているのに課題が解決できて
いない場合、自分は自分なりに努力をしているのに周囲が評価して
くれない なんて被害者意識に流れてしまう危険性だってあるのです。
アウトプットも出さなければ成長はしませんし課題だって解決しません。
そりゃ評価はするけどそういう評価になるでしょう。

さりとて、課題ができるまで展示会に行かないのも違います。がたがた
言われるから行かないなんてことになるのも本末転倒。やりながら
考えて成長するのはどんなことも一緒かと。
posted by オリカ産業社長 at 06:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

目指す手法

おはようございます
今日は雨水。朝から晩まで雨が降るようです。

節分が終わって若干荷動きは鈍くてもなんやかんや頭を悩ませることが
列をなしています。素頭というか地頭が良くないのはこういう時に
時間ばかりが過ぎ去ってしまうのが困りもの。

単に頭が悪いで括ってしまうとアイデアが浮かばないのか、やり方が
分からないのか、大事なことを後回しにしてしまうのか等々 問題や
障害を切り分けられません。もちろんこれらを統合して頭が悪いなんて
ことも言うわけですが、個別にどこがどうなのかを考えないのは深刻に
受け止めているようで、矮小化している感さえあります。

さりとて自分の弱さが分かってもそれが性分なこともある訳です。
最初の一歩が遅いなんてのもそれの一種かと。本人は失敗したくない
から道筋が見えるまで動けない。往々にしてそこに悪気はなく、
一歩で遅れた自分に歯噛みすることもあるでしょう。同じような
性質の人からは賞賛もしくは慰めがあっても多くの人は愚図いと
しか思われません。

反対に考える前に動いてしまうタイプは出遅れるタイプからは
慎重さに欠ける奴と見られるのも事実ではあります。どっちが
良いなんてことを争ったとて時と場合によって答えが変わるの
ですから、どちらがどうなんて議論も不毛です。

とうはいうものの、完璧になるまで待たずに数を撃って
答えを見出すことの方が優性で私もそちらになりたいと
思っていますが、これがなかなか・・・
posted by オリカ産業社長 at 06:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

初めて行きました

おはようございます

先週の土曜日 某大政党の某代議士の会合に出席してまいりました。
時期が時期でもありますし、その代議士のいわゆる大物なので
発言が常に追われています。ちょっと喋ったことが前後を切り取られ
曲解され、他者に利用されることも少なくはないはず。しかも
参加した経緯がこんなところに書けるはずもない経緯で出席した
ので、具体名は一切 書けません。それならば他のことを
何もなかったように書いたらえぇやんけ ではありますが、
意識がそこに引っ張られているのでそうもいかないのが小物の所以。

許認可のいるような仕事、役所がらみの仕事がある業種は
私の地元でも地方議員はもちろん、首長や国会議員の支援を
よくしています。当社は仕事の関係は全くありませんから
議員さんとのつながりはまったくの個人での関係。しかも
非常に不熱心なのでこの手のぱーていに行ったことがありません。

今回の参加者は250名超。どうも聞くところによると今年は
かなりきつめの動員が掛かったよう。まぁうちもではあります。
経験者ではあっても現役ではないのでSPも居なければTVも
無し。何らかの舌禍でも起こらんかと期待するもそのへんは
さすがです。自分のシンパの会合ならばうけ狙いで誇張することが
あっても普通でしょう。ただそれを狙われて加工されるのですから
よほど強い自制心がいるのかと。

52にして初体験。初体験だけにそれなりに発見はありました。
興味を惹かれることも仕組みとして知ること、本人と支援者の
熱さなんかも同席しないと分からないことです。聞くのと行って
経験することはまったく違うのはここも同じでした。

posted by オリカ産業社長 at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

実力の差

おはようございます

この2日ほど首都圏に遠征に行ってまいりました。2月は食の関連業界も
少し落ち着くのか、展示会や同業の集いが毎週のようにあります。
同業の集いも上場しているような組織から実質個人経営と規模は様々。
要は主催メーカーとの取引が濃いか薄いかが参加の基準です。

ただ実際には規模の大小がありまして、厳然とした差は如実にあらわれます。
外から見ればフォローしている得意先の成長で商いの規模が大きくなった
ように思えるところもあれば経営陣の才覚で強い組織になったところも。
実際には実力がなければチャンスがあっても叶えることができずに簡単に
挿げ替えられたに違いありません。

できる理由を後から探せばいくらでもあります。実力が無ければできない
理由の方が先に見つかるはず。できる方法を考えるのか考えないのかが
時間の経った後の差、規模だけでなく質も差が拡がるような気がします。

やる理由とかやったらどうなるのかを考えずに進むのは愚かにしても、
何から何まで完璧に見えない限り動けない・動かないのもアカンと
思っています。最近の風潮として理屈を全て上司が説いて納得できるように
しないのは上司の責任である みたいなのを目にします。背中を見て
学べの時代ではありませんから当たっている部分はあるでしょう。
ただ上司からすれば経験値が低く理解力に乏しい連中まで納得させるのは
至難の業というか現実的には無理だと思っています。

それに全てのことの因果関係まで説明できるはずもありません。取り敢えず
やってみないと分からないことなんて山のようにありますし。
ぐちゃぐちゃ御託を並べる前に動いた企業が勝つのはこれからも続く
のでしょう。
posted by オリカ産業社長 at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

インターンシップ博

おはようございます

この日曜に学情さんが主催するインターンシップ博に
行ってまいりました。

写真 2019-02-10 11 05 27.jpg

倉谷君を隊長に小谷君、小川君、山下部長の4名。

写真 2019-02-10 11 02 03.jpg

日曜なのにご苦労をお掛けしました。くら隊長が出展の
イメージ、説明の流れ、画像の作成、実際の設営と運営を
進めてくれました。

最終的な成果は当社と相思相愛の人材を見つけることで
このイベントに対する目標はあったにせよ、最後がどうなのか
であります。途中のプロセスでえぇ感じと思っていても
どんでん返しがあるかもしれませんし、途中でアカンと
思っていても最後に笑うかもしれません。

そういう意味では結果が出るまで見えない落ち着きの悪さは
あります。途中のプロセスは正しくなくてはならない上に
正しくても結果が出るとは限らないといったところでしょうか。

データはほとんどスマホ経由のために日曜の段階では評価できる
ものはありません。感覚的に言えば思った以上に学生さんが
ブースに来てくれましたし、雰囲気も良かったです。ただ実際に
インターン→会社説明会→面談→合意となるのかまったく不明。

写真 2019-02-10 11 48 55.jpg


インターンの位置付けが昔からは大きく変わっているとはいえ、
説明会でもない職場体験に集まってもらうのにここまで心を砕く
のに時代の移り変わりを感じます。

それと同時に働き甲斐のある組織にしていく責務も採用以上に
重たいことを改めて感じるイベントでした。
posted by オリカ産業社長 at 06:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

境界線

おはようございます

企業は色々な個性が集まってお客様、ステークホルダーに役立つことを
するためにあると思っています。個性が集まるのは手段とか状況で
世の中に役立つことが目的です。個性はもって生まれたもの、もっと
言えば学ぶ姿勢も含めたその時点の能力です。企業活動には色々な
場面・機能がありますから単純に営業パーソンだけを揃えても成り立たない
時もあります。という訳で色々な機能を持たせる訳です。

どのような業務を誰がいつまでにどのような方法で金額がいくら
のように5W2Hに収斂するものかと。単純にはこういうことでも
そこに責任と権限といった聞くといかにも賢そうな単語を絡ませると
場合によってはおかしなことになると思っています。企業活動で
責任と権限は大事なことです。それは否定しません。ただそれを使う人、
使う場面ではOちがいに刃物みたいになるとも思っています。

お客様を含めるステークホルダーに役立つ活動は様々なものがあり
それはデジタルのようにきちんとした線引きができるものでなく
連綿とした流れの中にあります。線を引くのは提供側の勝手な都合に
過ぎません。優れた組織であれば情報は共有されていて誰に聞いても
腹の立つリアクションにはなりませんが、Oソのような組織では
担当ではないから分かりませんと当然ごとくかえってきます。
役所の縦割り業務に腹立てる人でも自分の組織には縦割りを求める
ことは少なく無さそうな気がします。

仕事なんて線引きができるものでなく担当作業が重なるのが当然。
優秀な企業、できるビジネスパーソンほど隣との重なりが大きいのは
間違いありません。責任とか権限とか賢げな言葉を振りかざして自分の
範囲でサボろうと思っている組織や人は所詮そこまでで退場をしていく
のは市場が証明しています。
posted by オリカ産業社長 at 06:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

機嫌を取る

おはようございます

自分がうまくできていないので説得力はありませんが、できていない
ことだから重要だと思うことに 自分の機嫌を良くする ことが
挙げられます。

もちろん人の機嫌がそのまま表に出るなんて考える方がピュアで
そんなものがあらわれるのは子どもだけ。機嫌が悪そうに見えても
照れ隠しの場合もあればそのままのこともある。感情が表に出なくても
隠している場合もあります。見た目で判断せざるを得ないものの、
思い込むのは底の浅いことです。

印象なんて受け取る側が決めるものなので与える印象を意識しても
最終的には如何ともし難いところはあります。必要以上にそんなものに
踊るのも辛いですし、精神的に疲れてしまうでしょう。

それよりも自分が機嫌よく過ごせることを考えた方が何倍も建設的なはず。
もっとも他人を傷つけたり貶めたりすることで相対的優位を感じて
機嫌を取るなんてのは論外。身体を動かすことで心を開放するのか、
芸術に触れるのか、食べる・寝るとかの基礎的な欲求を満たすのか
人それぞれで正解なんかはありません。抱えている種類や重さに
よっても違うはず。

個人の感情なのですから他人にどうにかしてもらおうなんて考えるは
間違い。自分がどうすれば機嫌が良くなるのかは常に考え続けるべき
問題のような気がします。
posted by オリカ産業社長 at 06:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

道は遠い

おはようございます

節分も過ぎて少しゆっくりする時期なのか、お客様、同業、メーカー
主催などの会合が頻繁にあります。1月中旬までは本業部分の互礼が
あるので1月下旬から3月上旬に固まるのでしょう。3月決算の
企業では中旬以降はそんなことなどできない事情も重なるのかと。
そんな訳で毎週そんな会に出たり遠征したりが続きます。

全部に出席する必要はないと思いつつも出ないと色々下らぬ憶測が
飛び交うのが事実。品の悪い連中が集まる会ほどそんな傾向があります。
品はカネのあるなしはほぼ関係ありません。新地で一晩に何十万も
使えるおっさんの品が高いとは限らないような感じ。

下らない悪口など気にすることはないものの、放っておくと尾鰭が
付くのも厄介です。あほらし過ぎて反論しないのを肯定したと
摩り替えるカスも決して少なくはありません。そもそも人を貶める
ネタというのは好きな人も多いもの。人の成功例や質の高い話は
下衆には面白くないので貶めるネタに反応するのは道理です。

そんな連中とは距離を置いて意識の外に出してしまうのが一番だと
思います。ただ実際には一定数いますので現実的には無理。
気にならないようにこちらの心の持ちようを高めるしかない
のですが、その道は同じ穴の狢には遠いのもこれまた・・・
posted by オリカ産業社長 at 06:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

まつりのあとは

おはようございます

昨日は節分。恒例の世間では恵方巻と呼ばれるお寿司が様々なところで
売られていました。今年は1月から農水省が過剰な競争を自粛するよう
依頼していたようでどうなっているのかいくつかの店舗を見て廻り
ました。

小売としてはデータを出しはしないでしょうが、そんなに例年との違いは
なかったように思います。予約販売に力を入れるなんて監督官庁に報告した
ように増えてはいたのでしょう。ただ私が見た限りでは店頭に並ぶ数は
例年通り。まさか予約の商品を店頭に並べることなんてしないでしょうから
作った数はそんなに上下していないようにも思えます。特に夕方は
これまた恒例の値引き販売をしていました。廃棄まで含めると例年と
そんなに変わらないといった感じでしょうか。

企画モノの予算を前年よりも下げるのはやる気がない証拠 なんて理屈が
未だにまかり通っている組織は少なくはないのかもしれません。しかも
この行事は同じ商品でも高く買ってしまう消費者心理も突いています。
私の買ったものは1本700円弱。お客様のところで買ったので不満は
ないにしてもこの行事のためでなければ買わなかったはず。それでも
販促費やロスを入れるとそんなに儲かってはいないように思います。
消費者の幸せの向上なんかよりも成績、もっと言えば利益なんかよりも
他社より高い売上高を競っているように思えてなりません。

えらそーに書いていても、もともと海苔屋の旦那衆がつくった風習に
踊っているひとりではあるのですが・・・
posted by オリカ産業社長 at 06:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png