2017年09月26日

分かっちゃいるけど

おはようございます

昨日 書いた 問題意識はちょっと本をめくれば書いてあることです。
仮にテストに出れば正解を書ける人も多いはず。でも認識として
持っていなければ行動には移せません。

同じように営業に関することも本屋さんに足を運べばいくらでも
書籍があります。書いてあることも基本からキャッチーなものまで
様々あるでしょう。それを読めばある程度は知識が入ると思います。

しかし できる営業とできない営業がいるのは厳然たる事実です。
できない営業にしてもテストをすればほとんどの人が合格点を
取れると思っています。顧客の要望を解決するとテストで解答した
人が自分の都合で売りたいモノをがんがん押し付けるような
ことが起こるのが現実。

色々な不都合は知識不足で起こるのではなく、認識不足というか
受け取り方の甘さや行動に示すことのような気がします。
表現力みたいな感じ。

受ける印象は完全に相手が決めるものであって、見えない部分が
どうであれ、見えている姿から判断されるもの。いくら本に載っている
ことを表面だけ撫ぜてみても、裏にあるものが透けて見えれば
信用はされません。

知っていることとできること、もっと言えばできていることは
全然違うことを心に刻んでおくべきかと。教育産業がなくならない
のは、できないのが知識不足にあると勘違いする人が後を絶たない
からなのでしょうし、それくらい難しいことでもあるから
なのでしょう。
posted by オリカ産業社長 at 06:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

問題意識

おはようございます

問題は問題と認識されてはじめて問題となります。別にえぇわと
思うことは別の誰かに大問題であってもどうでも良いことです。

下らないことに問題意識を持つことを知性が高いとは言わないはず。
同時にヤバいことに問題意識を持たないのもただ阿呆。
このへんは周囲と自分の感じ方の差なので、何が正解なのかは
見えにくいのが実情でしょう。

色々な経験をしたり、相手の立場になって考えたりすることを
繰り返して、世間様との差を認識できるアンテナを強化する
ことだと思います。気温45度を海外で経験すれば日本で
猛暑日といわれる35度超えも耐えられる範疇になります。
叱られる辛さをしれば叱る際に言って良いこと悪いことも
分かるはず。

下らないことで大騒ぎしている連中を見るのは本当に見苦しい
もの。ハワイに行き慣れている人からすれば初めて行った
自慢話など聞いていられないのと似ています。

自分だけの範囲が全てと思えばそこに人間的な成長はありません。
自分の認識を如何に拡げられるのか。もしかしたらそれを
幸せと呼ぶような気さえしてきました。
posted by オリカ産業社長 at 06:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

思考の質

おはようございます

昨日は営業の管理職と一緒にマネジメントを考える機会でした。
最近お世話になっている企業さんが主催で他にも何社かが参加
しています。

ベースは経営品質でありまして、全社で昨年より取組みだしていることの
パーツを少し深く考えるような感じ。青年会議所を卒業してから
同志たちで勉強していることで、何とか少しでも当社に取り入れたい
思っていたことです。お恥ずかしい話、10年ちょっと憧れていただけで
齧りだしたのは3年ほど。遅くはなってしまいましたが、実際に
動き出したことは良かったと思っています。

が!!!

手をつけることと、取組む(考える→行動する→修正する)ことは
まったく別のこと。そもそも与えられた事前課題からして、
如何に普段何も考えていないか、何も知らないかを突きつけられる
もの。考えたこともないことは当然問題意識など持てるはずも
ありません。ひとつの事実を如何に多面から見ることができるのか
って知性であること思い知らされました。阿呆に分かるように
端的に説明するのも知性ではありますが、事実の解釈を
複線でできることも必要です。

10時から17時まで知性の無さを呪いつつ、頭をフル回転以上に
する全3回。あと2回も何とか人並みになれるようにがんばりたいと
思います。
posted by オリカ産業社長 at 06:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

悔しさ

おはようございます

まぁ勝てるとは思いませんでしたが、目の前で優勝を決められると
心にさざなみが立ってしまいます。

現段階で13の貯金がありますし、残り試合からすればCSと
甲子園の開催もいけそうなので上出来と言えばそう言えそうです。
順位がどうであれ、広島に5つ、虚人に5つと分が悪いので
日本Sは到底望めそうにないのも引っ掛かりが大きい原因かと。
なんやかんやいったところでリーグ優勝した方が嬉しさは大きい
はず。かれこれ10数年遠ざかってしまっているのでその感覚は
忘れてしまいました・・・

掛布二軍監督、安藤投手、狩野外野手の引退も発表されて
もうひとつの時代が終わっていくことを感じずにはいられません。
まだストーブリーグには早い気もします。昔 投げていた江草投手も
引退を表明しましたし。

優勝した広島の選手の総額年俸は11位。つまり下から2番目。
ちなみに1番高いのはパリーグを制覇したソフトバンク。
年俸と勝つことは必ずしも比例しないようです。

目の前で胴上げされた悔しさを力に変えられるのか、それとも
人気球団にいることの恩恵を享受するか。

悔しさをモチベーションにするのが一番 力強いように思います。
どう進化するのか、来期に期待です。
posted by オリカ産業社長 at 06:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

突然の風

おはようございます

門外漢にはまったく降って湧いたような今回の解散劇。
週末に首相が決めるとは言うものの、ここまでマスゴミが騒ぎ立てて
解散しなかったことなどないので、おそらくそうなるのでしょう。

色々読んでみると 野党が全然準備ができていないので与党が
勝つ確率が高いのだとか。準備不足の時間稼ぎもしくは
負けた時の言い訳なのか、学校法人への便宜が究明されていない
なんてことを言っています。考えてみれば選挙というのは民意を
問うもので、これが民主主義を担保する一番強力なもののように
思います。その民意を問う機会よりも議員さんが追求する方が上、

つまりは お前ら愚民は騙されるからこの時期の選挙はアカン。
俺らが追求してからや

と言われているように聞こえてなりません。民意を問えなんてのは
Oカの常套句なのに・・・

まぁ頭の良い人が分析して勝てると判断したのでしょう。されど
先ほどの便宜のことは素人なりに疑わしさを抱く人もいるはず。
そうなりゃ 投票用紙に書く名前は変わります。もしくは候補者なし
もあるでしょう。棄権者が多ければ組織的に動員できるところが
有利なのは間違いないことでも、浮動票を動かせば安泰でもない。
野党に選挙に行かせるだけの実績も魅力も無いし、その雰囲気作りも
放棄して、インタビューの時だけ正論めいたものをほざくだけかと。

感覚では与党は議席数を相当数減らすでしょうから、これまでのように
スムーズな国会運営はできなくなるように思います。下らん貶めあいが
続いてやるべきことができないようになるでしょう。

自分の身は自分で守らなければなりません。
posted by オリカ産業社長 at 06:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

記念式典

おはようございます

先週末に所属していた(一社)箕面青年会議所の創立50周年
記念式典に参加して参りました。

写真 2017-09-16 17 57 29.jpg

式典には国会、地方議員の方、箕面市の行政や商工関係の方、
福祉関連の諸団体や日本だけでなく香港からのJCの方などで
250名ほど来ていただいたようです。

写真 2017-09-16 20 41 52.jpg

式典の趣旨もこれまでの感謝と将来への決意を表明するための
ものなので、歴代理事長を紹介するなんてコーナーもあり、
私も端の方に登壇しました。

21742860_2010867468930846_8841674884345517377_n.jpg

香港の姉妹会議所とも45年の付き合いで記念品を交換。

21740695_1854594584558299_1831157596781601062_n.jpg

二次会では箕面と香港のOB同士で宴会。

ただし英語は年を追うごとに忘れていっているので
意思疎通がダメになっているのを実感します・・・

写真 2017-09-16 22 31 42.jpg

JCを退いてから11年。理事長をしてから14年。
組織にどっぷり浸かっている時はその組織の理屈が当然だと
思うもの。OBのように知ってはいても少し離れたところから
見るとえ〜〜〜っと思うこともたくさんあります。前例とか
お約束に縛られてしまっていることに気付かないのでしょうか。
もしかしたら下らんことを変えようとすると横槍を入れる老害が
いるのかもしれません。正しいと思っていることでも俯瞰すれば
いくらでも変えるべきことはあるのでしょう。

まぁ早かったと思えるのはこれまでお付き合い 頂いている皆様の
おかげだと心から思います。
posted by オリカ産業社長 at 06:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

白黒

おはようございます

最近 書いていることが散らばっているような気もしています。
別に大きな悩みがある訳でもなく、夜 寝られないなんてこともありません。

選択と集中が大事や

と書き散らす時もありますし、

取り敢えずやってみたらえぇやん

の時もあります。

無駄は敵や

と思う時もあれば、

余裕から新しいものは生まれる

なんて思う時もある。その時の心理状態で書いていることが変わる。
50を超えたのに軸がないということでしょうか。

自己弁護する訳ではありませんが、世の中の事象、特に人の心理なんかは
短い言葉で端的に切り取れるものではないと思っています。どちらが正解
なんてものではなく、時と場合によって変わるのが当然のこと。
やたらと白黒をつけたがる連中がいます。まぁ格言癖のあるおっさんも
その典型。白黒をつけて事柄を見切れている慧眼をアピールしたがる奴に
ろくなのはいません。100%と本人が思うことでも相手方から見れば
決してそんなことは無い。最近の国際情勢がそうです。事実に対する
受け取り方は立場が変われば変わるもの。さらにその事実とて、簡単に
色分けできるものでなく様々な要因が絡み、時による変化だってあります。

白黒をつける  ことって、クレバーなことのようにも見えますが、場合に
よっては思考停止を格好つけて表現したに過ぎんと思います。特にそれを
人に委ねた場合は・・・




ということなので、結局どっちやねん と聞かないでください。
posted by オリカ産業社長 at 06:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

捻り出し方

おはようございます

時間について続けます

時間が無いと感じるのであれば時間配分を見直すもの。何に何時間使って
みたいなことはするはず。それもしないで騒ぐのであれば愚かです。
時間はカネで買い戻せない資源であるのに、投資という感覚が薄いものでも
あるような気がします。カネの投資は真剣に考えても時間となると甘くなる
感じ。無駄を詰めれば簡単にひねり出せそうに思うから余計にそうなる
のでしょう。

仕事に関する時間はもっとシビアにならないといけません。仮に資料を
作るとして、その作ったものがどのような効果を出しているのか、作る
ことが目的なっているのは論外としても、参考資料のようにあっても
邪魔にはならないでも無いと困るほどではないレベルものを作っている
のであれば、時間を無駄にしたと思えるのかどうか。

上司から作れと言われた資料をやらされ感で作っているだけでは
そんな感覚さえ持てないでしょう。押し付けられた作業だけで
一日が終わる人がいくら努力しても削減できる時間は知れています。
やり方を工夫して集中力を高めた分だけ。本人は一所懸命に
取組んでいてもそもそも効果のないものに時間を費やしているのですから、
無駄は無駄。アウトプットが出たことで喜んでいる場合では
ありません。

ついつい資料があることで安心してしまう性癖は誰にでもあるもの。
しかし冷静に考えれば、そして過去を見返してみれば本当に必要な
データや資料だけを作ってきたなんてことはないでしょう。多くは
無駄なものを作っているに違いありません。そんなものは多少経験値に
プラスになっても無駄なものです。

仕事を見直して効果の薄いものをスパッと止められるか否かが
これからを変えていくのです。
posted by オリカ産業社長 at 07:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

時間を生み出せるか

おはようございます

人としての礼儀を失するほどではないにしても、時間の無いような
気分になっています。考えることが多いのでそれに時間が掛かってしまって
いるのは分かっているのです。頭の良い人なら瞬時に組み立てられても
回転が鈍ければ時間が掛かります。まぁ一般的に見れば、頭の良い人が
一瞬で考えたことと、頭の悪い奴が長時間掛けて考えたことを比べれば
頭の良い人に軍配が上がることはよくあること。時間を掛けた結果は
誰のためにもならない 誠意を尽くしたような自己満足だけ。Oその
役にも立たないアウトプットを出すのに何時間も掛かっているのなら
他のことをした方が何倍もマシなこと分かっていても簡単に割り切れない
タイプが私です。

自分でもこの現状を打破せんとな という思いは持っています。
時間が掛かるのは時間があると思っているからというのも一部には
当て嵌まることでして、進まない時にわき道にそれている、つまりは
無駄なことをしているから時間が押し迫っていることは事実かと。

それならば第2領域を満たすことを天引きしてしまうことは
解決策の上位に来ると思っています。だらだらテレビを見るとか
ゲームに耽るとかの第2段階ではなくせめて第4段階くらいのもの
ならばやってみる価値はあるでしょう。それでアウトプットの質が
下がれば優先順位をいじくるだけのこと。もともとが低いだけに
そんなに悪影響もないはず。

まぁそんなことを書きながら自分でできないのが小者の小者たる
所以ではありますが・・・
posted by オリカ産業社長 at 06:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

想像外

おはようございます

今週は昨日がビジョン策定のプロジェクト、今日は午後から会議、
木曜がマネジメントの取り組みと頭と気をつかう週となっています。
まぁ頭と気をつかわないなんて社会人には無いので当然と言えば当然
のことではあります。

ただ普段使っているつもりでも高速で広い範囲にまわさなければ
ならないような環境に身を置くと如何に普段が緩いのかを思い知ることに。
自分の見えている範囲が世の中の典型みたいに思ってしまいがちでも
上には上がいることを改めて感じてしまいます。見えている範囲で
上だとか下だとかを感じるのは致し方ないにしても、想像外の範囲に
思いを致さないのはピュアすぎるでしょう。

他人と比べるのは詮無い部分もあります。比べるなら自分の理想と
その理想を実現するための進捗だと思います。それでも自分の見える
範囲しか想像できないのも事実です。蚤やカマスのたとえのように
自分で自分に制限をかけてしまうことはよくあること。

外に出るのも良し、書に触れるのも良し、現状に安住しない姿勢を
持ち続けられるのか否かが分かれ目なのでしょう。
posted by オリカ産業社長 at 06:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png