2018年07月23日

暑い!

おはようございます

方針発表会を14日にしたために、国内で時差ボケに陥っています。
頭では7月23日だと分かっていても8月に入った感覚です。今年が
例年よりも早く暑くなったことも遠因ではあるでしょう。たかだか
10数年の習慣、しかも年に2回しかしないのに頭の老化で認識が
固まってしまっているのだとしたら恐ろしい・・・

連日の猛暑、しかも早く始まったために身体が慣れていない状態の
人も少なくはないはず。これだけ続けば住居の躯体が熱いままなので
実際の気温なんか目じゃないくらいに高温になるもの。最高気温は
まだしも最低気温なんかは何の気休めにもなりません。

私の場合 日中に上着を着て歩くことも少ないですし、お日様のもとで
作業をすることもないのでちょっと暑いくらいでガタガタ言うのは
みっともないことです。ただお客様や協力先様のところに訪問すること
もあれば会合に出ることもあって汚いとか臭いなんかで相手に不快感を
抱かせるのはご法度。健康と汗をかかない相反することのバランスが
必要なのです。しかも普通の人よりも日焼けしやすい体質ですから
なるべく日陰を意識してはいます。

本当は日傘を差して歩きたい

のです。しかし今の世の中の常識では男のくせに日傘を差している
というのはマイルドな表現で変わり者、普通に言えばどこかOっている
危ない奴かと。やったことがないですし、そんな勇気もありませんが
日傘を差していれば職質を真っ先に受けそうな気がします。

熱中症に注意 なんてマスゴミもアリバイ作りをしていても甲子園を
早朝と夜にしようなんてこと言い出しませんし、おっさんが日傘を差す
文化を推奨しようなんてこともありません。

自分の身は自分で というところでしょう。
posted by オリカ産業社長 at 06:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

土用の丑

おはようございます

今日は土用の丑。今年は8月1日が二の丑らしい。
二の丑はほぼ2年に1回あるので特にいわれなどはない。
あるとすれば宣伝に使えるか否かくらいかと。
そもそも土用の丑という習慣も平賀源内が考案したものとする説が
有力で名コピーに200数十年踊っているだけのこと。

それでも刷り込みというのは恐ろしいもので、土用になると高くても
鰻を食べないといけないような強迫観念が湧いてきますし、丸かぶりを
食べている時にしゃべる勇気は未だにありません。

西洋医学的に考えると不合理なことはもっとあります。身体を温める
食べ物や冷す食べ物もそう。香辛料などの発汗を促す成分が入っていれば
温める効果はあるでしょう。冷す方はただ単に水気が多く、せいぜいが
利尿作用のある成分が入っているだけのことで、薬効を狙うなら
薬の方が効果は高いに決まっています。うなぎも冷静に考えれば
身体に有益な成分は入っていても旬はむしろ冬。売れない時期の
プロモーションなので食う理由の方が少ないくらい。

が!が!が!

西洋医学的にどうであろうと刷り込まれたコピーには抗い難く
お客様のところの鰻を予約しております。価格の高騰はおろか
絶滅危惧のある鰻を食べるのはまったく合理性はありません。
でもまぁ合理性だけが生きる糧ではありませんし、不合理でも
情緒から気持ちが高まることも事実ですし・・・
posted by オリカ産業社長 at 07:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

真夏並み て

おはようございます

今年は梅雨明けも早く、明けたら明けたで連日の猛暑。
9月ごろまで猛暑が続くかと思うとうんざりしますし
やっていけるのかの心配も出てきます。

天気に関するニュースを見ていると 真夏並み なんて
表現を目にします。少し調べてみても 真夏 の定義は
見つけられませんでした。真夏並み ってことは
このニュースを配信した企業では今は真夏ではないと
判断しているのでしょう。素人からすれば梅雨が明けたら真夏
ではあるのですが・・・

もしかしたら大暑から立秋の前日までが真夏なのかもしれません。

立秋と打ったものの、二十四節気を改めて考えるとずれているような
気がします。立の字がつくもの立春(2月)立夏(5月)、立秋(8月)、
立冬(11月)のズレは大きく実感とは大きくかけ離れており、
むしろこれからが季節の本番やん と感じるのです。

節気が生まれた中国大陸と日本では気象も違いますし、太陰暦を
ベースにしたものは今の暦とは違います。なんか中国文化の影響を
受けているような感覚も捨て切れません。まぁそんなズレも生活のゆとり
のひとつとして受け流すくらいで良いのでしょう。

季節がどうであれ自分の今の体調でどう感じるのかが大事ですから
健康を保てるように注意をしたいと思います。
posted by オリカ産業社長 at 06:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

理想を描く力

おはようございます

世間からはおおきくずれていても正月気分に近い感覚でいます。
3月ごろから どないしよう なんて考えだし、5〜6月になれば
考える時間も増え、直前になるとより詳細に入っていくような感じ。

そうする過程で 夢というか理想を描く力 の強弱/巧拙が
人生の質を決めてしまうことに改めて気付かされました。
こうして書いてしまうと特に新しい発見でもありませんし、当たり前と
言えば当たり前のことです。

冷静に見てみるとくすぶって隅のほうで愚図愚図文句を並べているような
連中もいればすごいなぁと思える人々がいるのは事実。もちろん実行力の
差も大きな要因でしょう。それでもそれ以前に理想を描く力が実行力の
差を呼んでいることも間違いないと思っています。

理想が描ければそこからの逆算ができることはあるはず。理想が描けない
から自分のストックからの積算をせざるを得ないのです。理想も無いのに
逆算など絶対にできません。

もって生まれた性格の差はあるでしょう。周囲から見れば恥ずかしいほど
自己肯定感の強い人もいればその逆になにもかも揃っているのに自信がない
人もいます。そもそもの出発点や位置の見極めが違えばその工程も
全然違うものになるのは必定かと。

ただ小さくまとまるよりはできなくても大きく夢を描ける方が最終的には
幸せになるものなのか、夢破れる回数が多くなって敗北感にまみれた
感覚になるのか。この歳になっても分かりません。

不惑どころか・・・
posted by オリカ産業社長 at 06:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

方針発表会

おはようございます

先週の土曜にメルパルク大阪で第70期の方針発表会を行いました。

2018-07-14 14.40.13.jpg

平日の夜、終業後に行っていた時期もありますし、ここ最近は
第4土曜の午後に開催していました。ある程度のデータが確定する
のが、だいたいそれくらいでしたので方針発表の場にしては
1か月後という冷静に考えると異論もありそうな時期ではあります。

正確なデータが出ていないことを遅らせる理由や逃げの理由に
して欲しくないのでどちらかというと来年は第4土曜の開催に
戻すかも なんて考えもしましたが、完全に杞憂でした。

2018-07-14 14.40.20.jpg

どの部署もしっかりと考えて方針をつくってくれ、そして
伝えてくれました。

ここ数年は6月の数字が暴れてしまい、実績が大きく
変わってしまうものの、6月の最終もしくは7月の頭でも
良いのかもしれません。

年初の行事に さぁやろう と自分で鼓舞する職員が多ければ
期末ないしは期首にやる意味は十分にあります。しかし
方針に魅力がなかったり、言われたことだけに固執したり
するような場合は悲しいけれどいつでも良いことに・・・

私としては後者にならないように精進しなければなりません。
7月1日にも新しい1年の始まりを感じますし、発表会が
終わった次の日も同じような感じです。

気持ちを入れ直して仕事に臨みます。
posted by オリカ産業社長 at 06:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

ターゲットを決断

おはようございます
焼鳥チェーンの次は串カツです

この日曜発行の日経MJに串カツチェーンの記事が載っていました。
このチェーンは私の生活圏になく伝聞ではありますが、約90%の店舗で
禁煙を実施して1ヶ月がたったようです。

女性客や家族連れには好評と見出しにはあります。数字の面では
キャンペーンを打ったために単純に比較できず、禁煙の効果が見えるのは
これからでしょう。ただ大きな傾向としては家族連れや女性客には好評で
夜遅くに来る男性客が減っているとのこと。あとは滞在時間が短くなって
若干 客単が下がるのかもしれません。

昨日書いた焼鳥チェーンが家族連れの減少が下振れに影響するとした点では
対照的。焼鳥にしても串カツにしてもおっさんが巣食う場所でタバコの
煙も風景のひとつだと個人的には思います。単価にせよ禁煙対策にせよ
業界最大手のチャレンジは同業者には参考になるでしょう。

記事によると居酒屋の主要顧客層の30〜50代男性の喫煙率は3割を
超えるらしい。グループになるとその率は上がります。経営者には
誰をターゲットにするのか難しい決断のはず。

タバコも風景とは書いてはいますが、私が選ぶとしたら禁煙の店を
選びます。消費者としては中途半端な分煙よりも旗色を鮮明にして
もらいたいです。店もターゲットを決めた方が進化できるでしょうし。
posted by オリカ産業社長 at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

値上げの影響か

おはようございます

焼鳥の大手チェーンの引き後の利益が39%減だった 記事が出ました。
昨年1品を280→298にした影響が出たとか。売上は16%増の見込み。
客単は2%増だったものの、客数が5%減と低迷したようです。

ちょっと意外に思っています。確かに単価は6%上がっていてもそれに
代替できるものや企業はないのでそんなに影響はないと思っていました。
これで安売り教の信者が騒ぎ出して値切りだしたらたまらんな と少々
憂oです。

もう少し読み進めてみると値上げでもっとも反応したのはファミリー層。
居酒屋に家族で行くん?と思っても業績に影響するくらい行っているのにも
驚きました。確かこの店は禁煙ではなかったはず・・・

それはさておき

価格というのは実際の金額なんかよりもその店の格のようなものに
影響されるように思えてきます。18円上がった店で5品頼んでも
1500円ほど。O々苑なら肉1皿も頼めない金額。値上がり額の
90円もたばこ4本分と同じ。金額の絶対額が払えない・払いたくない
のではなく、6%の値上げに嫌気しているだけです。それでも
こんなに影響があることを私たちの顧客は身をもって感じているから
値上げに抵抗するのかと思います。

であるならば賃金を削りまくって安く売るのか、高くても選ばれる企業を
目指すのか。1円安く売る努力よりも1円高くても買ってもらえる努力の
方がしんどいのは間違いないでしょう。しかしそんなものがいつまで
続けられるかはもちろんのこと、そんなことで仕事が楽しめるとは
思いませんし、プライドを持てるとも思いません。

貴族のぶれない姿勢を期待しています。
posted by オリカ産業社長 at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

No残業DAY

おはようございます

メールサーバは昨日の午前に一部回復したものの、金曜の夜から昨日までの
受信メールがどこかに行ったらしく未だに見ることができません。
回復をさせる段階で運営会社が捨てていたら困ると思いつつもなす術が
ないのが現状です。

今日は水曜日 い・ち・お・う 当社でもNo残業DAYとしています。
一旦はそんな空気になってもまた帰るのが遅くなる社員が増えて の
繰り返し。お客様の都合でたまたまその日の内に解決をしなければ
ならないことが入ることはあるでしょう。そんな人が先輩や上司に
いれば帰りにくいのも人情というもの。たまたまであれば良くても

No残業なのに帰れない仕事熱心な俺

を演じるために残っているようでは最悪です。そういう人は演じるのが
目的なので毎週のように水曜だけ遅くなる傾向が続くはず。

多くの場合どこかで緩むのでその日の終わりの目安は遅れがち。
よほど気合を入れて掛からないとちょこっとの残業はなくなりません。
もっと書けば残らないために普段とは違うことに取組まないと成果は
残せないということ。雑談を減らすとか出社時間のコントロールや
話を短くするとか、普段から工数を減らすことを考えるなど
課題はたくさんあります。それもしないと演じていることと
何らかわりはありません。

No残業DAYは 早く帰って良い日ではないと思っています。
早く帰られねばならない日です。つっこんで書くと早く事務所を出て
自分のために投資する日。普段できない勉強や人的交流、新しい店の
開拓等々いくらでもやるべきことはあります。そこを間違うから
いつの間にか元に戻ってしまうのでしょう。

あとは想像に任せます・・・
posted by オリカ産業社長 at 06:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

サーバーダウン

おはようございます

先週あたりからメールの受信送信が不安定になって、週末にかけて
完全にダウン。原因は当社が契約しているファーストサーバー社の
サーバーの障害。過重な負荷が掛かったとのこと。先週の段階では
今朝の8時に復旧するはずが、復旧のめどさえ立っていません。

メールの受発信ができないのもさることながらホームページも
見ることができなくなっています。このブログは違う領域を使って
いるので上げることも読むこともできます。ただHPのリンクからで
あれば繋がりません。まぁ不要不急なのでここが使えなくなれば
良かったのにと思うところ・・・

地震や大雨、サーバーダウンと最近 ごっつついています。
弱り目に祟り目とも捉えることもできるでしょう。自分でやらかした
ことなら腹も立ちましょうが、外部のことなので怒ったところで
どうしようもないのが実情。回復するにはどないしたらえぇねん と
切り替えられます。

そう思うと怒りの感情って誰かに何かを期待しているから浮かんでくる
感情なのでしょう。怒ったところで改善できないものに怒るのは感情の
浪費です。

そんなことはさておき、前にも書いたようにあって当たり前になったものが
なくなる・使えなくなるのはとにかく不便です。あることを前提に考える
ようになっているために無い場合にどんな作業や配慮が要るのか忘れて
しまっています。お客様も協力会社さんもメールなんてあって当たり前で
ご連絡を頂くはず。当然通じていると思っていらっしゃるので当社からの
反応がないことに立腹されていることも考えられます。されど当社としても
そのへんの勘が鈍っているので対応に不備が出ているのが心苦しい限りです。

回復したときにどれだけ意を尽くした対応ができるのか。
当社の質が問われます。
posted by オリカ産業社長 at 06:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

渦中にいると

おはようございます

新しい期に入って1週間。日経のコラム陣も変わって半期の変わり目を
感じます。

特に現状にどうしようもない不備がないと変えようとする力は働かない
のかもしれません。固体によって強弱はあるにしても、そもそもヒトには
ホメオタシスが働きます。今まで上手くいっていることをわざわざ変える
必要が無い と判断するのも当たっていることが多いのも事実です。

その反面 色々と変わっていくのも事実でして、変化の度合いが小さければ
気付きにくいもの。いわゆる ゆで蛙 というやつ。気付いた時には手遅れ
なんてこともあります。変化の早い環境にいれば変化しなくちゃ なんて
むしろ思わないはず。知らないうちに変化せざるを得ません。そうでない
環境は永遠に続くと思いがちなのでしょう。前例がどうとか、過去はこうだった
から なんて言い出したら恒常性が効き過ぎていると思うべきかと。

自分の仕事の範囲からだけ見ていれば変化に気付きにくくなるのは致し方
ないことです。営業、店頭のように顧客と触れるから変化は機敏に感じる
なんてのも安心できません。スタンスが変わらなければ見え方は一緒。
むしろ自分は大丈夫との思い込みの方が危険だと思います。

まぁ人生哲学は色々ですから変化を極力小さくするのが幸せだと思えば
そうすれば良いだけのこと。それで生き残ることができればですが。

仕事、付き合う人、出かける場所、行動パターン 色々とわざと
変えてみることも時には必要なことのような気がします。
posted by オリカ産業社長 at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png